Home > cue

cue Archive

下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。

7日土曜日、サンシャイン劇場にて公演中のTEAM NACS 13th「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。」を観てきました。

NACS公演としては2年ぶり、しかも森崎リーダー作・演出ではなく、大泉作・演出。
色んな変化があるだろうと期待しつつ、まぁ予想もしつつ観劇した訳ですが。

 

やっぱり想像通りだったなあ。

大泉さんの脚本はドラバラの「山田家の人々」「さよなら、朝日荘」のホームコメディで、きっと今回もタイトルから言ってそっち寄りだとは思っていたんですが、その思っていた以上の驚きや衝撃はありませんでした。
良くも悪くも型にはまってるというか。
「洋さん、好きだよねえーーー」
って話して終了っていうか。
目新しさはなかったのが非常に残念でした。

やっぱりリーダー以外の脚本となれば、期待しちゃうじゃないですか。
その点でシゲの「ミハル。」は良かったと思います。
ワンシチュエーション・コメディが好きなんだなぁって思うし、個々のキャラクターを描いてるし。練ってる感じがするし。とにかく彼らしさが出てる本だったから。
でも、大泉さんのは先が見えちゃったんだよね。
5人兄弟のキャラクターがしっかり書けてるのは認めるけど、それ以上の事は何もない。
一言で言うと「薄い本」だと思う。
いやぁ、もっと面白くなると思うんだけどね。
でも、それを「本書く時間が無かった」とか言わせませんよ。
どんだけ時間かけてもできないと思う。

今日「情熱大陸」やパンフを見て思ったけど、NACSの他メンバーとの温度差がある気がします。
ちょっと腫れ物に触る感じ?
本音でぶつかってないんじゃないかなぁ。
少なくても「COMPOSER」までのメイキングでは皆本音で台本と向き合ってた気がする。
それができなくなってる今の環境があるんじゃないかしら。

5人しかいない=客演を使わない=女役も5人の中でやる

という図式は数回あったからいいんですが、それで結局つじつまがあわなくなって映像で出演者を登場させちゃったのは一番よくない。
これはしちゃいけなかった。
なんとかしてでも時間差でどうにかなったと思うだよね。
スクリーンを舞台に出しちゃったら、SFになっちゃうじゃん。
すっかりホームドラマに見えなくなっちゃう。
もったいないっすよ。
苦肉の策なんだったら、その前に脚本で回避させる方法があったはずだ。
これはヒドいと言わざるをえません。 

 

とは言え。

NACSさんの皆さんは非常に芝居が一段と巧くなってました。
やっぱり他で揉まれると違うなぁ。
シゲと音尾くんは、どこでも使えますね。
女役をやったからとかじゃなくて、なんでもできる感じ。
なんて偉そうに言ってるけど。 

だから出オチとか身体的特徴とか、もういらない。
もったいないよ、そういうのに時間割くのは。

洋さんはテレビ作品じゃなくて外部の舞台に出た方がいいと思う。
NACSは外部の脚本を使ってもいいと思う。
上田誠とかサブさんとかいるんだから。
外の空気を入れても個々が揺らがないのは洋さん以外のメンバーが証明してるんだから、何が来ても5人のチーム力を出せる作品にどん欲にトライして欲しいです。

CUE DREAM JAM-BOREE 2006

  • 2006-12-21 (木)
  • cue

昨日密林からDVD「CUE DREAM JAM-BOREE 2006」が到着しまして、早速見ました。
でも長いので利喜男歌謡ショー(の「ハナ」前)まで。
開始早々友人が見切れて(ってゆーレベルじゃねーだろ!w)おりました。ワタシもチラッと映ってるところがありますが、あれは本人じゃないと、いや本人でもよくわからん位小さいです。
満面の笑みでした。
でもあのショーは本当に楽しかったのですよ。浮世を忘れて30歳過ぎの役者が歌う姿にキャーキャー行って一緒に踊ったりして。ファンじゃない人は絶対に足を踏み入れてはいけない世界。最近ダンナを芝居などに積極的に誘ってるんですが、これは絶対誘えねぇ(笑)。

あの場でも思ったんだけど、安田さんがものすごくカッコよいです。反対に音尾さんのカメラ目線が夢に出そうなくらい面白い顔です。利喜男は夢に出るね。この二つがオススメポイント。あとメロンちゃん(宮崎奈緒美嬢)の脚線美。
あきんこの歌がヨレヨレで聞くに耐えんのと藤尾が面白くないところが残念ポイントです。

CUE DREAM JAM-BOREE 2006「再会」
OFFICE CUE
B000JLSX8Q

今さらCDJ2006の感想

  • 2006-09-11 (月)
  • cue

 今さらではありますが、CUE DREAM JAM-BOREEの感想です。

 千秋楽に行ったのですが、これはホントコアなファン(しかも女子)以外は楽しめないっすね。だって細身のスーツ着てカッコつけて歌唄っちゃってるのよ。これをジャニ系のごたるウチワやサイリウムを振り回して客席がキャーキャー言うのよ。もうね、これはなんの宗教かと(笑)。見てるこちらも前のめりでプレイに参加しなくては恥ずかしくて置いてけぼりくらうんです。スゴイ怖いイベントだ。

ここからはネタバレも含みますので、DVDまでヒミツにしておきたい人は読まないように。

 今回は大泉さん脚本の「山田家の人々」続編がベースになってまして、音尾くん扮する金持ち後藤利喜男が主催する歌謡ショーという形でそれぞれが歌を披露する形になってました。歌と芝居とどうミックスさせるのか不安だったんだけど、うまく融合させてましたね。まぁ、「山田家」の千春=「なんてったってアイドル!」の御社亜紀、「さよなら朝日荘」の安田先輩=「アイドル!」の轟一郎だった、という設定は無理矢理感がありますが。
「山田家」は、ありきたりなお話ではあったものの実際の洋さん祖父・恒三さんとの思い出がベースになっているので、彼の思い入れたっぷりな脚本でした。山田家の隣に朝日荘があって、両方に出演してる安田さん・シゲちゃん・音尾くんは早着替えをするという小ネタもあり。もちろんグチャグチャになって衣装を間違えたりするハプニングあり。
今回は「山田家」の洋一&安田先輩、そして轟一郎とマッスルさんの4役をこなした安田さんがピカ一でした。轟さんの歌がもうステキすぎて(ムード歌謡)、本気で「キャー」とか言っちゃったよ、オレ。
意外と良かったのが宮崎ちゃんの使い所。後藤の愛人風でチャイナドレスにベリーダンスの衣装と肉体美を見せつける一方で動きがバカっぽいので笑いも取れる、北海道では使い所がないかもしれませんが(笑)うまくいけばコメディエンヌとして……、ってそういう道に進むつもりはないのか。

 ワタシはA列とゆーひな壇席の一番前の左側だったんですが、目の前にクレーンがあるのね。でも始まってしばらくクレーンを使う気配がないのでカメラとしての用途ではないんだな、と思ったらジャンボリーコーナーで森崎リーダーがクレーンに乗ってワタシの真上から登場してきました。最後もマッスルブラザーズがクレーン乗ったし。あの黄色いおパンツいっちょの二人を下から眺めるとはついぞ思いませんでした。
 TEAM☆NACS(NACSのアイドル版)の歌コーナーの「ナックス・ハリケーン」という曲では毎回間奏時に客席へメンバーが降りてくるんですけど、その時にリーダーがA列まで走ってきてくれて両手タッチしてくれました。満面の笑みで。超ファンサービス。リーダー株が一気に上昇(笑)。あと音尾くんも来てくれました。他のメンバーは反対側を走ってたみたいだけど、洋さんは客に頭をはたかれたらしいです。どうしてそういうことするかなぁ……。次回からやらなくなっちゃうぞ。

 新曲ですが、洋さんの「ハナ〜おじいちゃんとぼくと」が後からじわーっとくるいい曲です。

 グッズを色々欲しかったんだけど、どれも売り切れでやんの。パンフとCDしか買えなかった。千秋楽まで残して欲しかったな。まもなく通販とロッピーで販売されるそうなので、そうしたら「YASUDA PEN」をぜひ買いたいと思ってます。

「東京タワー」延期かぁ……

  • 2006-07-20 (木)
  • cue

こちらフジテレビ / Newsより。

スゴイとばっちりだ。
試写を見た人の話では、そんなに登場シーンは多くないと言ってるけど、それでも幼なじみという重要な役なワケで、バッサリカットというワケにいかないでしょう。撮り直し? それも大変だ。

せっかくだから時間かけて修正して欲しいです。

あと来週の怒濤のバラエティ番宣ゲスト出演の対応が気になるところ。
番宣部分をカットしたとしてもその浮いた時間を再編集でしょ?
いやぁ、めんどい。

ホーム > cue

検索
フィード
メタ情報

Return to page top