Home > photo > GF1

GF1 Archive

LUMIX G VARIO 7-14mm / F4.0 ASPH.

レンズを買ってしまいました。

LUMIX G VARIO 7-14mm / F4.0 ASPH.

マイクロフォーサーズ規格、LUMIXの広角ズームレンズLUMIX G VARIO 7-14mm / F4.0 ASPH.です。

広角レンズはずっと欲しかったんですが、40Dに合わせるとどうしても仰々しくなって(重いし)旅行には正直持って行く気にはなれずに購入には至ってなかったんです。ところがGF1とこのレンズの組み合わせは非常に軽い。
これなら気軽に持って歩けそう。
本当は某家電量販店のポイントを利用して買おうかと思ったんですが、そこには在庫無し。しかも高い。
どうやら品薄みたい。
カメラ雑誌の「CAPA」でレンズ大賞を受賞したくらいですし、大変評判の高いレンズです。

早速、というか買ったその足で銀座に繰り出して撮影してみたんですが、広角は慣れるまで構図を決めるのに悩みますねー。
銀座でしかも歩行者天国となるといたるところに人がいる訳で、どうやったって人が写り込んでしまう。
人を避けようとすると、どうしても下からあおって撮るワンパターンな構図になっちゃいます。
もっと大胆に撮っちゃえばいいんでしょうけどね。難しいわ。

beer

銀座ライオンでビールを撮影。

25cmまで寄れるので物撮りにいいかもしれない。

cocoa #74 big nose

「いやいや、ワタシこんな鼻デカじゃありませんから!」

ドーベルマンか!ってぐらいに表情が変わってしまったココアさんですが、広角レンズを手に入れたら「THE DOG」のような写真を撮ってみるのは飼い主には当然、というか必然。
家のあらゆるものが写り込んでしまうので注意が必要w
ホントはもうちょっと寄れるといいんですけどね。あとf4.0なので手ブレ補正のないGF1では室内撮影は若干厳しいです。

なんで今このレンズ買ったかというと、今週鉄道博物館に行くんですよぉぉ。
クハ481-26とか0系新幹線を広角で撮りたくて買ったようなもんです。

ココちんの正面顔も0系新幹線っぽいと言えなくもない……。

GF1の使い道

Panasonic LUMIX GF1を買って数週間。
すっかり他のカメラの出番が無くなってしまいました。
ワタシが現在所有しているデジカメは他にCanon EOS 40DRICOH CX1
コンパクトよりは大きいけどどこでも手軽に取り出せてパシャパシャ撮影できる大きさ。
デジイチを持ち歩くほどの事ではない時だけど20mmパンケーキレンズによってボケ足がきれい。
そりゃもちろんズームレンズは便利だけど、単焦点一本しかないと割り切れば普段使いにはなんの支障もない。
そんな訳で、いやぁ買って良かったっす。

GF1で一番撮影してるのは、実は外食した時の料理写真だったりします。
もともと美味しいご飯を食べる時は携帯とかiPhoneで撮影してたんですがやっぱりあんまり美味しく撮れない。
でもGF1、いや20mmレンズが料理撮るのにピッタリな気がする。

ブログにもカキフライと自由軒カレーの写真をアップしましたが、他にもこんな写真を撮りました。

Pad-thai :  ผัดไทย หรือ ผัดไทย

タイ料理の焼きそば「パッタイ」。阿佐ヶ谷の「ダオタイ」というお店です。
ここは麺の太さは若干細めの1種類ですが、味が本格的で美味しい。

Kimchi

これは大阪でもつ鍋を食べた時に頼んだキムチ盛り合わせ。チャンジャにピントが合ってますねw

gyoza

こちらももつ鍋店で食べた餃子。具材がちょっと変わってた。

他にも外食する度に撮ってるんですが、どれも手ぶれ以外の失敗写真がないんですよねぇ。店の照明って暗かったり白熱灯だったり電球だったり区々ですがホワイトバランスをいじる事は稀で、料理モードで大抵撮れちゃうのが便利。

何が楽しいって良い写真が撮れた時に液晶ビューワーをダンナに見せて自慢する時が一番楽しいんだけどねw。

自由軒にて名物カレーを食す

jiyu-ken curry rice

先日大阪に行ってきました。
本来の目的のお話は後日書くとして、2日目の昼食のお話を。

ホテルは長堀橋にあり、そこから数分で心斎橋。心斎橋筋をブラブラ歩きながらチープなお店なんぞを眺めてたらあっという間に戎橋へ。それぞれの街が近いのね、大阪って。
道頓堀まで来たのだったら、うどんの名店「今井」で食べようとしたんですがあいにく長蛇の列。しょうがないのでまたアーケードをうろうろと歩いていたところにたどりついたのが「自由軒難波本店」なのでした。

店内はThe老舗洋食店。
レジを守る若女将(実際の年齢はともかく)の他、フロアーはすべておばちゃん。てきぱきしてるベテランさんともたもたしてる新人さんもすべておばちゃん。新人さんがお客のさばき方がまごつくと、すげー勢いでディスってるしw、そんなやりとりを見てるのもこれまた面白いです。

店内は満席で、9割の人が名物カレーを頼んでました。
独特な香りがするルーが混ぜ込まれたご飯に、さらにソースをかけて生卵を混ぜ込む。
あんまりご飯をぐちゃぐちゃかき回すのは好きではないんですが、こうでもしないと白身がきちんとご飯に混ざらなくて結構大変でした。
味は甘め…と思いきや半分くらい食べた所で辛みが襲ってきます。なんだろうこのスパイス。後からジワジワ来て最後は汗びっしょり。
ソースをかけないとダイレクトに辛さがくるので、やはり多少はかけた方がオススメです。
美味しい。美味しいんだけど……飽きるw
何も具が入ってないので味が単調になってしまうんですな。
付け合わせがあるといいのに。今さらながら福神漬けの偉大さを知りました。

一皿650円。
他の定食系も安かったしボリュームがありました。
ガテン系の人たちが大盛りにして食べてたし、ちゃんと地元の人に愛されてるなぁと思いましたよ。

そう言えばダンナが自由軒にまつわるキナ臭い話をしてたなぁと思ってHPを見てみたら、やはり。
せんば自由軒のQ&Aが必死なまでのフレンドリーさで、それが逆にキナ臭さを助長させてる気がするよ。

LUMIX GF1

  • 2009-10-18 (日)
  • GF1

ファッション・ムービー一眼wのLUMIX DMC-GF1(ホワイト)を買いました。
オリンパスのEP1は持ちにくいのとデザインが良くないので「せっかく気軽に撮れるマイクロフォーサーズ機なのに諦めるか…」と思っていたところにパナソニックがやってくれまして、評価があらかた出揃ったので手を出してしまいました。

「とにかく何か買いたい病」という名の物欲が沸点に達したからとも言いますが。

色は悩んでホワイトに。チャラいかな?と思ったんですが、ツヤっぽい感じがいやみったらしくなかったのと、パンケーキレンズを買ったんですがそのレンズがグレーがかってるので黒ボディより合うんですよ。
あと以前から持ってる一眼40DとコンパクトカメラCX1が両方とも黒なので、気分を変えたかったというのもあります。

で、パンケーキレンズなんですが20mm F1.7。小さいレンズなのにこの明るさ。しかも焦点距離が20cmまで寄れるので料理写真ばかり撮るワタシには丁度いいレンズです。

GF1-007 : fried oysters

今日食べたカキフライっす。美味かったなぁ……

シーンモードで「料理」というのがあるんですが、それで撮りました。開放固定で1/30秒、ISO AUTOなのかな?
店内は白熱電球で通常のカメラ任せですともっと黄色くなってしまうのですが、ホワイトバランスが適正で驚きました。
ボケ好きのワタシでも「もうちょっと絞ってもいいかなぁ……」と思う時もたまにあるので、その時は絞り優先モードにすればいいのかな? 暗いところだったら高感度になってノイズ出ちゃうのかしら。今度試してみます。

ムービーもいくつか撮影しました。
もうね……キレイなんですよぉぉ! 家庭用のビデオでは絶対撮れない映画みたいな画質。
フルHDじゃないのと音声がモノラルというのが残念ですが、プライベート用のムービーなら全然問題なし。

ワタシはiMovie’08しか持っていないので、取り込んだら映像が倍速になってしまうという致命的なバグがあってお見せできません……。しょうがない、’09を買うか。

ホーム > photo > GF1

検索
フィード
メタ情報

Return to page top