Polaroid PoGo

実はずっとモバイルプリンタを買おうと思ってたんす。

候補としてあったのが富士フイルムの「Pivi(ピヴィ)」
でもこれ、2年前の製品なのでイマイチ仕様が古くさい。

躊躇しておったところにポラロイドからモバイルプリンタ「PoGo」が発売になりました。
Polaroid PoGo

Zero Inkというインクを必要としない新技術や、耐久性が高いプリント用紙(シールにもなる)や、Bluetooth接続など、ガジェット好きにはワクワクするワード満載のこのプリンタ。
しかも19日(発売前日でした)、AMN主催のブロガーイベントに参加してきました。

Polaroid PoGo
EOS 40Dで印刷。PictBridgeボタンを押して写真を選んで決定すれば、もう印刷開始

Polaroid PoGo
こちらはW61Sで印刷。Bluetoothでデータを飛ばしてます

Polaroid PoGo
こんな感じで印刷できました

ファーストインプレッションは、

  • 思ったより小さい!
  • 外観は割と無骨(笑)。だからステッカーチューンしたくなる
  • 操作がメチャクチャ簡単。説明書いらず
  • 用紙の大きさが手頃。もうちょっと大きくてもいいけど
  • 印刷スピード(60秒ほど)は苦にならない長さ。ポラロイドのインスタントフィルムは90秒だったんですって
  • フル充電で15枚印刷可能らしいけど、妥当かなと思った
  • 質疑応答でどなたかが指摘してたACアダプターはちょっと大きいかな。まあこれが出先で必要な時って他の荷物も大量にあるだろうから気にならないけど
  • 肝心の画質は、期待していなかった分、想像以上でした。ちょっと淡めで多少ノイズもあります
  • 最近デジイチではRAWでしか撮影していなかったので、JPEGのみの対応は痛いッス
  • インクを使用していないので、用紙排出直後に印刷面を触っても全然平気なとこがイイ
  • 私はシールにはしないと思いますが、そういう人のためにシール面をはがしにくくしてるとこがイイ
  • 用紙単価が30〜40円ちょっとというのは、まぁ安いんじゃないかな
  • 参加者から声があがっていた「赤外線通信対応」。たぶんすっごく転送速度が遅いと思うのよね。だから私は無くてもOK(てゆーか自分の携帯が青歯対応なもんで無問題(笑))
  • 同じく声があがった「カードスロット対応」。印刷ソフトや操作・プレビュー画面が必要になるだろうから、これも非現実
  • 用紙の多様化はあってもいいかもですね。用紙が色ごとの層に分かれてるんだったら、モノクロ用紙とかできないのかな?
  • iPhoneには非対応。これはiPhoneが悪い
  • 私の携帯W61SはBluetoothでの画像送信が超簡単で、やっぱこの携帯買って良かったわ〜(笑)

ざっと思いつくまま書いてみましたが、期待以上の商品でした。

あとはどんな時に使用するか、ですねぇ。
とりあえず旅行先で手渡しできるなぁと思ったんですが、あとは手書きのメモやノートに添える資料としてとか、スクラップブッキングに使うとかありそう。って、スクラップブッキングやらないけど、私(笑)。

ポラロイドさんからモニターとして1ヵ月貸していただけることになったので、使い倒したいと思っております。

「Polaroid PoGo」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください