京都の想い出/1.ホテル

 旅行から1週間経ちました。
忘れないうちに(というかブログが停滞しないように)、思い出話を色々書いてくつもりであります。

 まずは宿泊先から。
ワタシの旅には宿泊が大きな要素をしめております。一日の大半を外で過ごすというのに、「寝るだけなんだからどこだっていいじゃん」というのが許せません。疲れて寝るからこそ良い所で身体を休めたい!! かように思う訳です。なもんだから、一人旅なのにツインルームのシングルユースだとか、キングサイズのベッドだとか、温泉つきだとか、マッサージチェアつきだとか、眺望抜群だとか、そういった付加価値をつけて旅行プランをたてるので、そりゃ値段もあがるってもんだ。

 今回の宿泊先は京都ホテルオークラさん。京都にもオークラがあるんだ、と思ったら前まで京都ホテルだったとこなんですな。京都ホテルと言えば格式高いホテルで有名でしたが、なぜオークラに経営がうつっちゃったんだろ。大人の都合かしら。
今回もツインにしようか、ましてや鴨川が見える側の部屋にしようかと思ったんですが、1泊1万以上の差がついちゃうんですよねー。シングルの部屋も広そうだったので、珍しく安くあげました。それでも1泊1.1万円なんだけど。
 客層はやはり年配の方が多かったです。出発前のタクシーやバス待ちなのかしら。ロビーが広くて沢山座って待ってたなぁ。Tシャツにアポロキャップにサングラスにデニムパンツの女一人旅は多少異様に見えましたが、さすがオークラ。仕事が丁寧。フロントにつく前に声をかけてくれたりして、何事もスムーズ。すばらしいっす。

 部屋の写真を今回は取り損なったんで、オークラのページで確認してください。まんまあれだから。セミダブルベッドで、シングルルームとしては広い方でしょう。バスローブがついてたのが嬉しかったです。あとバスタブが大きめで、ゆったりシャワーを浴びることができました。狭いバスタブだとさー、シャワーカーテンが身体にひっついたりして不快なんだよね。
デスクはまぁ普通。テレビは京都・大阪の地上波と衛星放送、CS放送(音楽・映画・スポーツ・CNNなど5〜6チャンネル)が見られました。かなりのチャンネル数ですよ。だから夜も飽きませんでした。
窓からの眺望ですが、ワタシが泊まった部屋は西側。東側が鴨川や東山が眺められるらしく、値段も高いそうです。西側は京都市役所などのオフィスビル群で味気なかったけど、まぁしょうがないっすよ。京都ってあんまり高層ビルがないじゃないすか。条例で決まってんだよね、確か。部屋が11階と結構高かったで、爽快感がありました。ただ、大きな通りの角にあるので、下を通る車の騒音が気になったかな。カーテン閉めればあんまり聞こえないんだけど、気になる人は眠れないかも。東側だと多少違うのかしら。

 2日目に朝食を併設された和食レストラン「入舟」さんで朝粥定食をいただきました。ワタシは旅に出る前に予備知識をバンバン入れてでかけるタチなんだけど、オークラに泊まる最大のきっかけが「ここの朝粥定食がおいしい!」という情報を仕入れたからなんす。サ・税込で約2500円しますが、あんなに美味しいお粥食べたの初めてかもしんない……つー位美味しかったです。まろやかなんだよね。ワタシが食べたのは茶粥。白粥とどちらか選択できます。みそ汁も赤味噌と合わせ味噌と選べ、薬味が梅干し(写真見たらおわかりの通りデカい!)とさつまいもとシャケと……忘れたあと2つ位、と選べる親切っぷり。食事の前に梅こぶ茶を出してからほうじ茶を出す美しさ。あー、また食べたい。

 場所ですが、京都駅から地下鉄で1回乗り換えして京都市役所前駅です。駅からホテル入り口につながってるので、雨の日でしたが濡れずに済みました。四条通までは徒歩で10分ちょっとでしょうか。腹ごなしには良い距離でございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください