Home > recommend > 図録er

図録er

 今日、夜勤だったので夕方あわてて東京国立博物館「仏像 一木(いちぼく)にこめられた祈り」展に行ってきました。
2回目です。

この展覧会、前期と後期にわかれていて展示されている仏像がいくつか違うのですよ。
前期の目玉「菩薩半跏像(伝如意輪観音)」はもの凄く男前だったのですが、後期の目玉である滋賀・向源寺蔵「十一面観音菩薩立像」がそれはもう美人さんで美人さんで、像に近づいた瞬間鳥肌が立ちました。若干くねっとしたポーズがなまめかしくて、膝まで届く腕が自然なんですよ。十一面が他の仏像より大きめで耳の横についてたりするんですが、これまた不自然に見えないとこが凄かった。若干前かがみになっていて今にも歩き出しそうでした。
みうらじゅん氏が浮気をしてしまったのもうなづけます(「秘見仏記」参照)。
後期も見に来てよかった!!

今回は一人で見学だったので、初めて音声ガイドを借りました。市原悦子さんの声で一体一体説明してくれて、すごくよく分かりました。自分のペースで見学できないのはちょっと辛かったので、音声のピッチを上げたりする機能があったら便利かも。ってそれじゃあ市原さんが読んでる意味がないって。
ためになったので今後も音声ガイド借りてこうっと。

 さて、十一面観音さんを見るというのもあったんですが、今回行ったのは前回買わなかった図録をゲットする目的があったんです。
ワタシ図録が大好きなんですわ。
最近は分厚いものが増えてきて持って帰るのが一苦労なんですが、読み応えたっぷりだし写真もカッコよく撮れてたりして展覧会の余韻に浸れるものばかり。今回もステキ写真満載でした。

図録の困るとこは分厚いので収納場所に困ることですね。
今度のもしまうとこないぞ……。



recommendカテゴリの最新記事

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

Home > recommend > 図録er

検索
フィード
メタ情報

Return to page top