レイトン教授と不思議な町

DSソフト「レイトン教授と不思議な町」。
15日に手に入れて16日に終了。
クリア時間は8時間半でした。
子供のころ「頭の体操」シリーズにハマったクチなので、出てくる問題は半分以上は解いた事のあるものばかりで、ワタシ的にはパンチ不足でした。一番やっかいだったのがチェス問題(クイーンの配置)だったんだけど、5問目にしてやっとどういう意味か分かりましたわ……。それまで偶然解けてたのね。
他にもブロックの入れ替えパズル(昔ネットで流行った「箱入り娘」系というらしい)とか難しいってゆーか面倒くさいのがあったりしましたが、気合いでなんとかクリアできました。
あぁ、でも最終問題(135)が解けてない……。あれは気合い入れても無理だ。

レイトン教授の声を担当した大泉さんですが、最初違和感ありまくりでしてねぇ。どう聞いても英国紳士に聞こえない。どちらかというと真池龍「ナガサワの抹茶パフェ」風(マッスルボディを見た人しか分からないネタ)。堀北真希ちゃんの少年の声はしっくりきてました、ってゆーか彼女巧いです。
町民が出題してくるナゾトキは面白いんですが、結局ストーリーは付け足しな感じが否めなく、いや面白いストーリーだったんだけど、ついで感覚がもったいなかったかなぁ。それでナゾトキ要素が減っても意味ないし。バランスって難しいですね。
あとタッチペンの反応が悪かったなぁ。怪盗ワリオといい、最近のDSソフトってどれも反応イマイチな気がするんですけど。それとも元からこんなものなの?

そうは言っても面白かったですよ。キャラクターは個性あるし、アニメのクオリティも高かったし、ナゾが解けた時の爽快感もあったし。3部作らしいので早く次回作「レイトン教授と悪魔の箱」を出していただきたい。

ちょっと興味を持った人は、この問題をまず解いてみるといいですよ。

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. こんにちは。どうも、木村です。
    はじめてお邪魔させていただきます。
    いきなり話題とかけ離れたコメントで恐縮なのですが・・・『メタルマクベス』最高でした! どうもありがとう!
    シェークスピアとクドカンと新感線がとても噛み合うとは思えなかったのでパスしてしまったのですけど、いや、舞台で観るべき芝居だったと猛烈に後悔。で、頭に血が上ってすぐにネットでDVDポチりました(もちろんPV付きパンフレットとセットのやつ)。
    いろいろ細かい感想は妻がのちほど報告すると思われますので、今日のところはこれにて失礼。

  2. 木村さん、どうもです!
    良かったですか「メタルマクベス」。
    良かったでしょ?「メタルマクベス」(笑)。

    我が家も実はパス組だったんですが、公演中ネットでの評判や行った友人の報告でいてもたってもいられなくなりまして、偶然友人がチケットを余らせてたので行ける事が出来たんですよ。
    この作品でますます新感線が好きになりました。
    もちろんクドカンも。

    あのパンフも読み応えたっぷりなので、到着したら熟読をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください