RISING SUN レポ・2

★三人の侍〜石狩編〜(SUN STAGE)

 キヨシローの代役はゆるーいおっさんトリオ。キヨシローの代わりに「サマータイムブルース」やりました。歌詞がバカバカしかった(笑)。
MCはずっと「ござる」口調でした。民生とチャーの悪ふざけにまさやんがついてけてないのが面白かったです。いやもうほんと3人ともうまいわ。
でも時間が短かったなー。もう2〜3曲くらいはやっていただきたかった。40分で終わっちゃったのが残念でござる。

★小谷美紗子Trio(GREEN OASYS)

 くるりと丸かぶりですごく悩んだんだけど、小谷を取りました。くるりは初期の頃何度もライブ見たので。一方の小谷は1年前のロフトでイースタン主催のライブで見ただけなんだけど、そのときはノドをつぶしちゃってて彼女の魅力が伝わらなかったのですよ。なのでそのリベンジとゆーか。はなさんはくるりに行きましたよ、もちろん。
この日の小谷さんはすごく神々しかったです。胸に響く歌声でじんわりとした感動がありました。彼女の歌を聴くときはあれね、ステージと全然違う方向を見がちね。ぼーーっとしちゃうんだなぁ。
途中のインストが超絶モノでした。

 三人の侍の終わりから雨が降ってきちゃって、しばらく雨具を着っぱなしでした。
この日だけ来てた友人2人と合流してレッドの辺りで立ち話。横目でしかステージを見てないそうなのですが(グル魂狙い)、すっかり楽しんでおられるようで「来年はテントに混ぜて!」とのこと。もちろん人数多いと楽しいからねー。ぜひとも。

★InK(moon circus)

 はなさんと合流しようとムーンに移動しましたが、結局会えず。というかね、探してるヒマないんですよ。InKのプレイが楽しくて! ふわーっと前列まで移動してクルクル踊って、あまりにも楽しいから別れたばかりの友人にメールして「何も見る予定がないなら今すぐムーンに来い!」と呼びつけて、無理矢理前の方で躍らせました。多分彼女たちはこういう系の音楽にはご縁がないと思ったので、だからこそあえて呼んだわけです。卓球と川辺くんがすごくニコニコしてプレイしてたのが印象的。思ったより人が少なかった。もう卓球の時代じゃないのかなぁ……。少ない=踊りやすかったのでいいんですけどね。

★GO!GO!7188(EARTH TENT)

 はなさんは一足先にアース近くのAIR-Gブースの辺りで休憩してて、そこに合流。でチラッと聞いたのがGO!GO!。スゴイ演奏がうまくてビックリした。「ジェットにんじん」聞きたかったにゃ。
グル魂待ちの友人と別れて我々はサンステのZAZEN準備へ。

★ZAZEN BOYS(SUN STAGE)

 がんばって2列目で見ました。向井の動きがオモシロカッコよいので爆笑するやら見とれるやらでした。特にブレイクにあわせて帽子を脱いだりかぶったりするパフォーマンスが後になっても思い出し笑いできる位オモシロかったです。あと首ふりすぎて帽子が脱げちゃったときのための「帽子かぶせ専門ローディ」がいたこと。JBのマントショーみたいでした。
……えっと、演奏はすごかったですよ(笑)。でもサンステ向きじゃなかったかも。アースとか?
人に押されてちょっと体調が悪くなったので途中棄権してテントへ避難。テントがサンステに近いので十分中から聞こえてきまして、最後の椎名林檎ゲストもしっかり聞けましたよ。

★soul of どんと from EZO(GREEN OASYS)

 またもやスカパラと見たいのがかぶってしまいましたが、やはりどんとでしょう。スカパラはいつでも見られるもの! 実質ワタシの初日トリでございます。

SEでまるまる「あこがれの地へ」が流れてどんとが降臨。TOSHの「ポケットの中」、Leyonaたん出てきて「泥んこ道を二人」、Dr.kyOn先生の「魚ごっこ」でもう十分ご馳走様。ってゆーか、超感動。なおかつ岸田くんで「橋の下」〜玉城さんにボーカル変わって「ニカラグアの星」ですYO! 岸田くんとのギターバトルがすごかった……。
さちほさんの「波」、エゴよっちゃんの「トンネルぬけて」はノリきれんものがありました。残念。正直さちほさん苦手なのよね……。続いての「ひなたぼっこ」はミヤ。ミヤったらテンガロンハット(白)+ヒゲ面+赤タンクトップで、いったいどこに向かおうとしてるんデスカ……。にしてもローザの曲が3曲も聞けて幸せでござる←侍病 この頃からワタシは前の方で踊ってたでござる。
YO-KINGは「夢の中」。トリビュートCDではYUKIが歌ったんだよね。うわなんだそのラブラブ具合(笑)。YO-KINGバージョンも非常によかったです。途中コーラスでようこちゃんが参戦。そのまま「ダイナマイトに火をつけろ」をようこちゃんメインで。YO-KINGはコーラス&ギター。あぁもう贅沢やん。ようこちゃんはトリビュートと同じく「絶体絶命」歌って欲しかったな。
ラス前は相当酔っ払っていらっしゃる民生先生で「もしもし!OK!!」。民生バージョンは男くさくて好きです。
最後は「どんとマンボ」。ソロになってからの曲はノリがよくわからなくて、正直困りました。ステージ上ではYO-KINGがやはり困っていました(笑)。ミヤがノリノリだったわー。そしてどんとJr.がイケメンに育ってる件。これは行く末を暖かく見守るべきかしら。ちょっとジャニオタな気持ち(笑)。
 ステージ全体があたたかな気分で、どんとパワーすげぇと思いました。ぜったいテントの周りでゆらゆら踊ってたに違いないよ、彼は。ただ観客がゲスト目当てばかりでローザ好き・ボガンボ好きの人と温度差があったのがちょっとだけ気になりましたが、それはフェスなんだからしょうがない。これでちょっとボガンボの曲をいいな、と思ってくれるとうれしいわ。

 一方サンステのスカパラは諦めたもののキラーチューン+アンコールにヒロトでそれも楽しそうだったなぁー。分身したいと心から思いました。

★FRICTION(RED STAR FIELD)

 どんと終了が10時半になってしまったので、シャトルバスでホテルに戻ることはあきらめゆっくり夕飯を食べようということになったのですが、サウンド・レストランでタイ料理を食べてるときに聞こえてきたのがFRICTIONでした。いやこれすごく聞きたかったんだけど帰りの関係で諦めてたんですわ。聞けてよかった! めちゃくちゃカッコイイ!! RECK氏のかましてるエフェクターは一体なんですか? 達也さんのこの時間でのパワードラムはなんですか? 鳥肌たちました。ステージ側でサダヲちゃんと欣ちゃん発見。そりゃみんな見るよね。最後の方RECK氏がよれよれになってったのには笑いました。がんばれ。

18日が終了。つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください